<2020年12月7日週>今週のトライオートETF運用実績

トライオートETF

トライオートETF

週間利益: 121,155円 年利回り48.5%

トライオートETFは、世界のETFの自動売買が可能なサービスです。
自動売買ではリピート注文(自動連続注文)を採用していますので、毎日の値動きに対して、自動で新規注文、決済を繰り返してくれます

私は2020年4月から運用資金150万円でナスダック100トリプル_ヘッジャーを運用を始めて、現在は資金を1300万円に増やして10セットとビルダー機能を使ってオリジナルのロジックで運用もしています。ナスダック100トリプルは買いのみ稼働させて、売りは手動で停止させています。

基本的に上昇トレンドでの運用を想定しているので、下がった時にはいったん運用中のセットを停止して、下落したところで、新たなセットを運用始める必要があります。停止しているセットは、相場が回復すると勝手に決済されていきますので、そのまま放置しておきます。最高値からは60%下落(ナスダック100トリプルの値が70)まで耐えることが出来ます。

9月から大きく下げたナスダック100トリプルでしたが、大きく上下に動きつつ今週は少し下げてきました。あまり高値になると証拠金も大きくなり、下落リスクが増えるので時々下げながら大きく上下の動きをしてもらうのが一番です。

トライオートETF運用実績(37週目)

累計利益:+2,396,657円

評価損益:▲437,172円

▼1週間ごとの利益の推移

トライオートETF 「ナスダック100トリプル_ヘッジャー」の戦略について記事を書いています。下記を参考にどうぞ。

現在のトライオートETFの運用は60%下落まで想定して行っています。

157まで下落するとヘッジャー①をポジションは保有したまま稼働停止させて、あたらにヘッジャー②を稼働させます。そこからさらに140まで下落するとヘッジャー②を停止させて、次はヘッジャー③を稼働させて・・・。現在ヘッジャー③で運用しています。

この運用方法で必要証拠金と余裕資金を合わせると約75万円程で1セット稼働させることが出来ます。

私は現在10セットでの運用をしています。

「ナスダック100トリプル_ヘッジャー」に加えてビルダー機能を使ってオリジナルロジックでの運用もしています。その方法は下記の記事を参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました