ユーロ/ズロチFX(ユーロズロチさや取り)運用

ユーロ/ズロチ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ユーロ/ズロチFX(ユーロズロチさや取り)とは

・ユーロ/ポーランドズロチは10年以上の長期チャートを見ても限定的な値動きをする。

ポーランドズロチは高金利のためスワップが高いが、ユーロは低金利でマイナススワップが低い

ユーロ/ズロチのチャート

この特徴を生かして、ユーロ/円を売ってズロチ/円を買うことによって、スワップも取りながらも為替差益も狙えるということで、有名FXトレーダーの間でも流行の兆しがある手法です。

ユーロ/ズロチFXの方法とは

ユーロ/ズロチFXの方法には2種類あります。

①ユーロ/円を売って、同量のズロチ/円を買う。

②ユーロ/ズロチを売りで持つ。

ユーロズロチさや取りの言葉の由来は①から来ているのですね。

私は、EUR/PLN 1本でやりたかったので、IG証券で運用しています。

2ペアで運用するよりも、IG証券でEUR/PLN だけの方が証拠金も少なくて済みますし、若干スワップも良いですね。

ユーロ/ズロチFXのエントリーに最適なタイミング

基本的にはユーロ/ズロチが高いタイミングで”売り”でエントリーし、ユーロ/ズロチが下がってきたタイミングで利益確定するのですが、4.32~4.34になった時に売りを保有して4.27~4.28で決済すると良いと考えられます。

ユーロ/ズロチを売りで保有するとスワップも貰えるので、数ヶ月放置(2019年8月~11月)するというのもありだと思います。

そして最近はコロナショックのせいもあり、ユーロ/ズロチが歴史的な高値圏にあり、これからエントリーするには、絶好の機会となっています。

ユーロ/ズロチFXに必要な資金は?

過去10年のチャートを見てみると、ユーロ/ズロチがもっとも高値だったのは、2009年の4.93です。

この時のズロチ/円が約23円なので、4.34で1万通貨”売り”で保有すると0.59×10,000×23円=約▲14万円となります。

1万通貨の”売り”を保有するためには、約5万円の証拠金が必要となります。1万通貨当たり20万円入金しておけば、過去10年の相場のレベルであればロスカットされないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました